• 社会福祉士養成通信課程
  • 受験資格取得までの流れ
  • 募集要項
  • 学費について

社会福祉士養成通信課程 COURSE

1年7ヶ月で社会福祉士国家試験受験資格を取得!働きながら学べる!

大学卒・社会人(実務経験必要)の方を対象としたコースです。
基本は福祉実務についておられる方が対象ですが、初めて福祉を学ぶ方に向けたプログラムも用意しています。
通信課程は1年6ヶ月で社会福祉士国家試験受験資格が取得でき、なおかつ働きながら学ぶことができるコースです。

ココが違う!南専の通信課程

その1 実績が違う!

ココが違う!南専の通信課程

合格率 44.6%

その2 授業の充実度が違う!

開講以来のノウハウが活きたレポート科目

レポート科目32科目については原則登校せず、指定のテキストや参考文献など印刷教材を通じて学習し、各科目の講師から出されているテーマに沿ったレポートを、入学後5月から翌年6月までの14ヶ月間、毎月末に提出していただきます。
新カリキュラムに即した内容ながら、レポートテーマに現場からの視点や実際の問題点を盛り込むなど、常に時代と現実に即した観点から能動的に考察し理解を深めていただけるよう、蓄積された実績を常にフィードバックさせた内容となっています。

マイペース学習、でも「孤独」じゃありません

通信課程という学習スタイル最大の特徴は、「自分のペースで学習ができること」。
しかし、「独りで勉強していて、わからないところが出てきた時はどうしたらいいんだろう」「ちゃんと課題に沿ったレポートが書けるかな」など、受講にあたって不安に思われることもあるでしょう。

そんな不安を解消していただくため、本校では希望者に対し、入学時の4~6月にステップアップガイダンスを設けています。
ガイダンスの中で、学習の進め方や先輩方の体験談、レポートの書き方講座などをレクチャーしますので、安心して学習を進められます。
また、このガイダンスは普段なかなか会う機会が少ない同期生との交流の場にもなっており、受講された方からも好評を得ています。
その他にも、学習が始まってから出できた疑問点にはメールでお応えしたり、各期生ごとのホームページを設けて、受講生の学習を支援するなど、きめ細かなフォローを実施しています。
マイペースに学べて、でも「孤独」にならない通信制授業。
それが、南海福祉専門学校の心がけている授業スタイルです。

その3 学習費用のサポート体制が違う!

本科は厚生労働省の専門実践教育訓練給付金制度の指定を受けています。
専門実践教育訓練給付金制度とは、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)、または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定する専門実践教育訓練を受講し修了した場合、本人が支払った教育訓練経費の40%(上限あり)をハローワークから支給する制度です。
※詳しくはハローワークホームページをご参照ください。

教育訓練給付制度案内

  • 社会福祉士養成通信課程
  • 受験資格取得までの流れ
  • 募集要項
  • 学費について

受験資格取得までの流れ

入学資格と資格取得までの流れ

入学資格と資格取得までの流れ図

南海福祉専門学校

0120-294-329

〒592-0005 大阪府高石市千代田6丁目12-53Mail:fukushi@nansen.ac.jpTel:072-262-1094

資料請求

資料請求をする

さらに詳しい情報が満載の学校パンフレットをお届けします。

社会福祉士養成通信課程 学校説明会

  • 詳細を見る
  • フォームから申込み

施設見学のほか、個別相談会も実施中!学費・就職・資格など、気になることはお気軽にご相談ください。お申込みは電話・FAX・メール、または当サイトのフォームから可能です。